GitサーバーへSSHでアクセスする (Mac編)

20151020_003

svn派? git派?
私は新しいもの好きなので、git派です。
svnを使うとなった時はgit-svnを使用しますが動作しない時が多いです。
その時は諦めて、windowsにファイルコピーしてからコミットしています。
だって、mac版の良い感じのsvnソフトないんですもん・・・。
と、話がだいぶそれました。

さて、話を戻して

gitサーバーのID取得したからアクセスできるようにしておいてね
と、秘密鍵と設定ファイルを渡させて????
SourceTreeにはそんなのないぞ!!
なんじゃこりゃ〜!
その答えは、SSHでのアクセスでした。

では、SourceTreeでSSHでアクセスしてみましょう

動作環境

1.Mac OS X    version 10.11
2.SourceTree version 2.0.5.5

SSHでアクセスに必要なもの

1.秘密鍵(ファイル名:gitserver_rsa)
2.パスワード
3.SSH設定ファイル(ファイル名:config)

1.秘密鍵

秘密鍵は、Gitサーバーに登録してあるもの
ここではファイル名gitserver_rsaとします。

2.パスワード

パスワードは、gitサーバのアクセスパスワードです。
必要がない場合もあります

3.SSH設定ファイル

サーバーアドレス、秘密鍵の存在場所を指定する為のファイル
ここでは、ファイル名configとします。

Host gitserver
	HostName 192.168.0.1
	User gitUser
	IdentityFile ~/.ssh/gitserver_rsa

Host

sshでアクセスする時のサーバー名(自分がわかりやすい名前)を決めます
ここでは、gitserverとします

HostName

hostのアドレスまたはIPアドレス

User

ログインユーザー名

IdentityFile

秘密鍵の保存場所のパスとファイル名

.sshディレクトリーの準備

.sshディレクトリーは隠しファイルです。
ターミナルを立ち上げて

cd ~/.ssh

.sshディレクトリーに移動できない場合は、.sshディレクトリーが存在しませんので作ってしまいましょう

mkdir ~/.ssh

.sshディレクトリーのパーミッションの変更

chmod 700 ~/.ssh

先ほど作成した設定ファイル(config)と秘密鍵(gitserver_rsa)を.sshディレクトリーにコピーします。ターミナル面倒という人は open .でFinderが立ち上げてマウスでドロップ

open .

秘密鍵gitserver_rsaのパーミッション変更

chmod 600 gitserver_rsa

これで、準備終了

SourceTreeでクローン

+新規リポジトリを選択URLからクローンを選択

20151020_001

アドレスには、configで決めた”gitserver”を使用
そのあとは、リポジトリまでのパス

20151020_002

Gitと認識してくれ、問題なくクローンできました。

まとめ

問題が解けるって楽しいですねぇ〜

まとめになっていないけど、愛嬌で(笑)

困った時の一冊にどうでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク