Mac OS|外付けUSB HDD S.M.A.R.T.を有効にして「検証済み」にする

こんにちは、あまのじゃくなHikaruapp@(Hikaruapp)です。

外付けUSB HDDを増設してどうしても引っかかる項目があるんですよ

それが、「S.M.A.R.T. 非対応

どうして非対応なんだろうか気になりませんか?

てなわけで、S.M.A.R.Tを有効にして「検証済み」にしてみました。

実行環境

Mac OS X 10.11.6

外付けUSB HDD
・HDD:2GB (WD20EZRZ/AFP/SATA3.0)
・USB HDD CASE:ORICO 3588US3-V1

その前にS.M.A.R.T.てなんなの?

S.M.A.R.T.とは、ハードディスクに内蔵された自己診断機能らしいく、そろそろ壊れるかもて時に知らせてくれる機能がS.M.A.R.T.らしいです。

私みたいな性格だと壊れてから、どうしよと慌てのが目に見えているわけですから、あったら絶対に得する機能なはずなわけで、可能なら有効にしたいですね、

Mac対応のS.M.A.R.T.ドライバーを探してインストールしてみる

ググってすぐにGithubにソースコードがあるドライバーを見つけました。

DriveDx – https://binaryfruit.com/drivedx/usb-drive-support

Github – https://github.com/kasbert/OS-X-SAT-SMART-Driver

やっぱり世界はすごい!

1.ダウンロードする

for OS X El Capitan 10.11+を選んでダウンロード

2.インストールする

外付けUSB HDDをアンマウントする

SATSMARTDriver.pkgを実行してインストールする

/System/Library/ExtensionsにSATMARTDrive.kextとSATSMARTLib.pluginができていることを確認

Macを再起動する

3.ディスクユーティリティーでステータスを見る

うまく動作しているかな?

検証済みになりました!

まとめ

なんか、あっさりと検証済みになりました。

これで管理がずさんな私でも外付けUSB HDDをうまく使えそうです(^^;

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク