お名前.comからXserverへ、wordpressのお引越し(その2)

backup_1430450831

wordpressやるならxserverしかないと言われている、そんなxserverへお名前.comのサーバーからドメイン移管はせずにサーバーのみ引越しをしました。


その2です。

2. お名前.comサーバーからのデータ抽出

引っ越し元である、お名前.comのサーバーからwordpressのデータを抽出します。
ここから危ない橋を渡りますので注意しながら作業を行いましょう。

2.1. Wordpressを初期値に戻す。

2.1.1.テーマを初期値に戻す。Twenty Fifteenにしてみました。

xserver1503013

2.1.2.プラグインをすべて無効化する。

xserver1503014

2.2.  FTPでデータの抽出

FTPでお名前.comのサーバーへログインして引っ越し元のデータのバックアップを行う。

2.2.1.wpフォルダーすべてPCへダウンロードする

xserver1503015

2.3. phpmyadminでSQLデータを抽出

phomyadminを使用してSQLデータを抽出する。

2.3.1.お名前.comのサーバーへログイン

xserver1503017

2.3.2.wordpressインストールを押す

xserver1503016

2.3.3.SQLデータベース名を調べる

xserver1503018

2.3.4.SQLの押す

xserver1503019

2.3.5.データベース名からユーザー名とパスワードを調べる

xserver1503020

2.3.6.phpmyadminをダウンロードする

大変申し訳ありませんがダウンロードサイトを検索してダウンロードしてください。

2.3.7.解凍したフォルダーにconfigフォルダーを作成する。

xserver1503021

2.3.8.phpmyadminフォルダーをFTPでアップロードする。

xserver1503022

2.3.9.phpmyadminをセットアップする

アドレスは:バックアップ元サイト/phpmyadmin/setup

xserver1503023

2.3.10.「新しいサーバー」を押す

xserver1503024

2.3.11.先ほど調べたSQLサーバー名を入力して「apply」を押す

名前はフルネイムの*.cgidbになります。

xserver1503025

2.3.12.設定ファイルを保存する

先ほど設定したSQLサーバが反映されています。
デフォルト言語を日本語にして「保存する」ボタンを押します。

xserver1503026

2.3.13.FTPでconfigフォルダにできた設定ファイルを上のdirectoryへコピーする。

xserver1503027

2.3.14.phpmyadminを実行する

アドレスは:バックアップ元アドレス/phpmyadmin

2.3.15.SQLデータベースのユーザー名とパスワードを入力してログインする

xserver1503028

2.3.16.すべてのデーターベースをバックアップする

(1)(2)(3)実行の順番で押す

xserver1503029

xserver1503030

2.3.16.必要最低限(断捨離)の物だけバックアップする。

ここで選択するテーブルは、引っ越し先のwordpressをインストールした後に調べたデータベースのテーブルと同じ物です。
エクポートを選んで実行でダウンロードが始まります。

xserver1503031xserver1503032

その3へ続く

今回、引っ越しをしたxserverはこちらです。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク